厨学生日記

曖昧な哀の毎日

2018-05-04から1日間の記事一覧

小説を書いていた頃に音声入力と出会っていたら

僕が中学生の頃に、音声入力という便利な仕組みがあったら、もっと小説をバンバン書いていたかもしれません。当時、同級生と比べればタイピングが早かったとはいえ、一番の問題は各時間が少なかったことですから、その作業を大幅に省略できる音声入力は、ま…