厨学生日記

サブカルと創作、そして黒歴史、厨二病

『DGS Dear Boy祭』の会場に行った時の話

Dear Boyは希少種なのでしょうか。身の回りにはもちろん、インターネットで知り合った男性にもDGSを知っている人が少ないように感じます。

 

さて、以前こちらの記事で軽く言及した、『Dear Girl~Stories~ Dear Boy祭』の思い出について語っていきましょうか。

www.nasunega.com

 

2013年11月24日は日曜日でした。翌日は普通に出なければいけなかったので、私は最終の新幹線を予約していました。

もちろん、会場を出る時刻も計算済み。心置きなくイベントを楽しんでいたのですが。

……イベントがその時刻まで終わらない!

結果、泣く泣く途中で抜け出すことに。

ダッシュで三郷市文化会館を抜け出すと、同じように走るおじさんが1人。

 

信号待ちのときにおじさんに話しかけられました。

「いやあ、楽しかったねえ」

僕も「最後までいたかったですね」なんて返しながら、おじさんと一緒に三郷駅まで走る走る。

一緒に電車を乗り継いでいましたが、地下だと方向音痴な僕は、乗り換えの道がわからなくなりました。

おじさんが「こっち!」と言って一緒に走ってくれなかったら、僕は東京に1人残っていた可能性が……。

 

そのまま話ながら東京駅まで向かいました。非常に楽しかったです。

面と向かってDGSの話をする機会は滅多になかったので、楽しい話が聞けてとても良かった。

おじさんはZガンダムを見ていた世代だそうで、イベントを楽しみきったとのこと。

 

新幹線はお互い指定席だったので、そこで別れることに。

同じ駅で降りたのですが、おじさんの姿はもうありませんでした。

 

僕の唯一のDear Boy仲間です。

おじさん、元気でやっているかな……?

 

もう4年前ですね。