厨学生日記

サブカルと創作、そして黒歴史、厨二病

漫画の作画募集は、するだけ無駄

「漫画原作者になりたい」と思う人は多いんじゃないでしょうか。

かく言う私もそう思ったことがあります。

「自分の思うような世界を形にしたい……。だけど絵が描けないから、誰かにお願いできないだろうか?」

こんな感じですよね。

 

しかしながら、現実というものはあまくありません。

漫画原作を職業にするならばともかく、アマチュア(趣味あるいは同人誌)で何の実績もない人が作画募集をしたところで、やりたいという人は来ません。

 

その理由と、どうすれば作画をお願いできるかを説明していきます。

プロの原作者・作画者とは話が異なってきますので、アマに絞って書くことにします。

 

アマチュアは原作者を必要としていない

いきなり耳の痛い話ですが、これが紛れもない事実です。

 

プロの漫画家は、たとえ自分で描きたいものがない、あるいは描けない場合でも、お金を得るためには漫画を描かなければいけません。描く必要があるので、編集者に「原作を他の方が担当するのはどうだろう」などと提案すると、それに乗ってくるわけです。

 

それに対してアマの漫画家は、自分の描きたいものを描くために漫画を描きます。描きたいものがなければ描きませんし、描けないときも描きません。

もっと言えば、描きたくないものは絶対に描かない。

 

アマの漫画家というのは、原作者になりたい人と同じように「自分の世界を形にしたい人」が努力をして絵を描けるようになった姿と言っていいでしょう。

 

実力のわからない人とはできない

さらに言ってしまえば、実力のない人とはやろうと思いません。

 

たとえば、あなたが作画募集をしたとして、一通のメールが届いたとしましょう。

その送り主の名前は聞いたことがなく、特に絵の参考資料がありませんでした。

そんな人に、あなたは二つ返事で作画をお願いするでしょうか?

まず「絵を送っていただけますか?」と尋ねますよね。

 

逆も然り。

掲示板やSNSで募集をかけたところで、あなたが漫画の原作を担当したときの力量、あるいはそれを推し量ることのできる何かを明示していない限り、どんなに良くても「何か作品を見せていただけませんか」と聞かれることでしょう。

そして、それを既に明示していない時点で、あなたは実力か自信のどちらかに欠けているはずなのですから、「なかったことに」と言われる可能性も高いと思います。

 

ミミズが這いずり回ったような線しか引けない人が作画をしたいと言っても、断る人が多いと思います。

逆に、完結していない小説が並んだり、あまりに面白みのない内容の小説を自信満々に出されたりしても、それは評価される実績と呼べないんですよ。

 

それでも漫画を作りたいなら

自分で絵を描く

シンプルかつ全てが解決する答えです。

これが実践できているなら、おそらくこの記事を読んでいないはず。

描きたいものによっては、絵のうまさはあまり関係ない場合もありますから、そこも含めて考えてみましょう。

また、原作を作る上でも絵の描き方は役に立ちますので、無駄になりません。

 

お金を払って依頼する

よほど酷いものでなければ……つまり、書かれた原作に従って描いても、それを公表したら自分の汚点になると思われない程度のものであれば、札束を持ってお願いすればいいのです。

究極的には、お金で動かないことはありません。

が、これはあまり現実的ではないでしょう。

 

 と、半分冗談のように書きましたが、そこそこ実力のある人であれば、この方法は一考の余地があります。

特に一度でも同人誌で漫画を出したことがある人に関して言えば、お金での契約は責任と信用を生みますので、あなたが責任と信用を持っている人ならば、受けてくれる可能性があります。

 

作家として活動する

小説に限らず、劇作家や放送作家でも構いませんが、「あなたの作品を漫画にしたい」と言われるようになれば、漫画の原作者になれます。

実際にプロの漫画の原作者は作家であることも多いです。

言うほど簡単な道ではありませんし、本末転倒気味ですが、ある意味王道とも言えます。

 

友達に話を持ちかける

仲が良く、絵の描ける友達がいるなら、話を持ちかけてみると良いかもしれません。

ただし、知り合い程度の関係性なら受けてくれる可能性は低くなるでしょうし、たとえ仲が良かったとしてもうまくいくとは限りません。

良くも悪くも金銭は発生しないことは多いですが、代わりに人間関係が担保になります。

 

イラストレーターに話を持ちかける

実力が必要であることはもちろん、うまくいくとは限りませんが、漫画を描いていないイラストレーターに依頼できるか話を持ちかけてみるのも、選択肢として考えても良いでしょう。

当然ですが、金銭が発生します。また受けてもらったとしても、漫画を描いた経験がないのであればクオリティの保障もありません。場合によっては、原作者としての負担が増えることになります。

 

終わりに

ということで、作画募集をするだけ無駄だと言える理由と、それでも原作者になりたい場合の解決方法でした。

原作として活動したい場合、能動的に動く必要があります。

最低限のマナーをわきまえたうえで、ここに書かれたことにとらわれず、自分の目的を達成するために頑張ってください。応援しています。