厨学生日記

サブカルと創作、そして黒歴史、厨二病

なすくんのその場しのぎ日記

なんとなく、特に目的もない文章を書いてみたいと思った。最近ではTwitterに顔を出して、どうでもいいことを呟いてばかりいた。別に悪いことでもない。

 

最近、まともにブログの更新ができていない気がする。これは良くない。

俺のブログはくだらない内容のものが多いから、中身のあるものを書こうと思っているのだが、まったく筆が進まない。他人のためになるようなものはなかなか書けない。自己満足で他人に喜んでもらうのは難しいものだ。

感想系や創作論を中心にしていきたいと思っているけれど、その道は遠そうだな。

 

ちなみに、今回のような毒にも薬にも記事は、近いうちに全て消し去ろうと思っている。読まれない記事はいらない……わけではなく、数ばかり多いのが気に入らないのだ。

とか言っておきながら、その場しのぎ日記を書いているわけだが。

書きたいものを書くのは大事。残す必要がないだけ。

その場しのぎ日記、今までの日記を含めてカテゴリ名にしておいた。生き様としては凄まじくダサいが、語呂は気に入っている。

 

というか、創作活動については軒並み行き詰っている。詰まるほどに走っているわけでもなかったが、何もしていない。

いつかTwitterでは言ったが、ここから半年ほど忙しくなりそうで、その片鱗が表れている。もっとも、全く時間がないわけではなく、余暇を全てそちらの用事につぎ込んでいるだけなのです。

ああ、最高に生きているって感じ。

今のところは楽しいね。

 

元々私は逃避癖があって、コミュニティや名前をコロコロと変えがちだった。今も変えたい。正直、なすという名前はあまり気に入っていない。

しかしそれ以上に、積み重ねができない私の人間性に反して、今を繋ぎ止めているのは事実。非常に厄介。まあそれほど悩んでもいないけれど。

 

もっと他人からの称賛を浴びたり、滅多矢鱈に褒められたりしたいものです。一度でいいから喝采を浴びて、信者と呼ばれる人たちから担ぎ上げられてみたい。

ポイントは、一度でいいからという点。

なぜそれが成し遂げられないかと言えば、私に能力がなく、人格に問題があるから。ああ、他人のせいにして生きていきたい。

 

薄っぺらい言葉になるが、ときどき見かけるTwitterから来た方や名前も知らない検索流入者、このブログの読者にはとても感謝している。

定期的に問いかけていることなのだが、何を楽しみに見ているのだろう。まさか、このような嘆き節を見ているわけでもあるまい。……いや、蜜の味か?

俺はTwitterでフォロー返しをしない。読者になってくれたからといって、その人のブログの読者になるわけでもない。フォロー返しを狙ってフォローしてくる人は多いが、軒並み去っていくな。特に気になるのは、ブログの読者だ。

 

逆に、コメントをいただいた方にはコメントを返すようにしている。……が、通算でも指で数えられる程度しかいただいていない。これも私の力不足なのは百も承知。ただ、今まで言っていないことも言いたいと思う。

コメントをいただけると励みになりますので、送ってください。よろしくお願いします。

 

そろそろ出かける時間だ。