厨学生日記

サブカルと創作、そして黒歴史、厨二病

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

三が日も最終日、すっかり正月気分も失せてきたところで、今年一回目のブログです。

 

本当は正月用に二つほど記事を用意するつもりだったのですが、下書きのまま止まっています。内容は至って普通なので、書き直して投稿する予定です。

 

さて、正月です。

僕は年末年始があまり好きではないのですが、僕の好き嫌いに関わらず一年に一回来てしまうものですから、一応様々な場所に顔を出してきました。

かなり遊び倒してしまった気がします。

休み自体は四日まであるので、立て直さなければいけません。

気が緩むと部屋が散らかってしまう……。

 

何が苦手かって、人付き合いが増える時期だからなんですよ。

結局はそこが一番苦手なのです。

決してできないわけではなく、人並みのコミュニケーション能力を持っているつもりですが、あまりやりたくないのです。

それなのに寂しがり屋だから性質が悪い。

 

僕自身の自己顕示欲、承認欲求は人並み以上だと思っています。

他人に認められたいくせに、会話はしたくない。

非常に身勝手ですし、実力がない者は持つことが許されない話だと思いますが、事実そう思っています。

今、どうやら鬱期のようですから、許してください。

結局のところ、僕は数字にしか興味がないのかもしれません。自己顕示欲を満たしてくれるのは人でなく、人が積み上げてくれた数字なのかも……?

 

ところで、僕のテンションの乱高下が酷い。

おかげで(?)文体も安定しませんし、やりたいこと、好きなことがまた見えなくなりそうです。

そうそう、先ほどの下書きで止まった記事っていうのが、割と前向きな内容です。今の僕には書けないんですよ。

今年はもっといい年にしたい。

 

……なんだこれ、年賀状代わりになっているのかな。

この記事のタイトル、「あけましておめでとうございます」だけども……何がめでたいのか、って話になってしまう。

 

話が飛びまくっていますが、初詣に行ってきました。

おみくじを引いたら、大吉でした。

いいことあるんじゃない? 今年はいけるんじゃない?

あ、ちょっとテンション上がってきた。リアルタイムで僕のテンションを実況するブログ。なんだこれ。おかしいな。眠いな。

 

ということで、新年早々何の薬にもならない内容の記事でした。日記ということでひとつ。

なにせ雑記ブログですから。今年も書きたいことを書いていきますよ。

それではまた、数日後にお会いしましょう。