厨学生日記

サブカルと創作、そして黒歴史、厨二病

自分の性格を診断してみた

何度かやったこともあるのですが、ブログ記事にしてみようと思いまして、改めて性格診断をやってみました。

http://www.seikaku-aisyou.com

結果↓

ISTp (アーチザン/職人) とは
この性格は冷静で口数が少なく、用心深く、周囲の様子を伺ってから行動します。
また通常はクールで感情を表に表さない為、近寄り難い印象を与えるかもしれません。

客観的に物事を判断するため、相手の意見だけで自身の意見が変わることは無く、あくまで客観的に見た自分の意見を貫く為、頑固と思われることもあります。

非常に現実的なタイプの為、感情的に物事を捉えるのは苦手で、感情論に引き込もうとする人を避けようとします。

仕事ではやりがいや興味を一番大切にする為、クオリティーはモチベーションに大きく左右されます。
退屈でつまらないと感じると、実力を全く発揮しません。

逆に興味があることには非常にハイクオリティな仕事をする為、周囲を驚かせます。

忙しく立ち回るのは好きなのだが、計画を練り直したり、話し合いを重ねたりするのは苦手で、自分で決めて行動しようとします。
特定の友達のみ親交を深める傾向があり、敬意を持って接する為、友好な関係を構築します。

 

他にやったときと同じような結果です。

簡単に言うと、自己中心的ですね。

 

実際に接している人たちでないとわからないかもしれませんが、基本的に口数は少ないです。

まさに言い当てられていますが、自分の意見は客観的に見た結果を出そうと思っているので、確かに意見を変えることも少ないです。

感情論は苦手です。

クオリティも高いときと低いときのばらつきが激しいです。気が乗るか乗らないかは非常に大きな要因ですね。物によってはやらなくなります。

忙しく立ちまわるのは好きじゃありません。ここは違う。計画の練り直しや話し合いを重ねるのも好きですよ。

特定の友達のみ親交を深める傾向はありますね。これは大いにある。基本的にはそれで固めたい。ハードルが高い気はする。もちろん、それ以外の人にもそれなりの敬意は払います。

 

主要 (性格を構成する主要な指向で強く外部に現れる。)
・人の感情変化を敏感に感じる。
・物事を分析して改善する。
苦手 (苦手な指向で意識するとストレスになる。)
・今後起こる事を予測する。
・興奮や熱意を周囲に伝る。
補完 (弱い指向でこの能力を持っている人から補完しようとする。)
・物事の本質を明らかにする。
・人の相性や力関係を感じる。
自制 (強く備わっているが自制している指向。)
・ルールを作り、周囲を守る。
・物事の隠れた関連性を見抜く。

 

こうしてみると、僕は予測する能力に欠けているんですかね。本質を明らかにするのも苦手なんですかね。自分ではそう思わないんですが……。

 

これを参考に、自分というものを見つめなおそうと思います。

皆さんも是非やってみてください。気晴らしになって、面白いですよ。