厨学生日記

サブカルと創作、そして黒歴史、厨二病

人間関係リセット癖を直そう

どうも、黒歴史を生み出すたびに逃げ続けてきた男です。

一時期話題になった「人間関係リセット癖」ですが、ネット上で創作活動を行っていると、その癖を直さなければいけないと気付きました。僕のような人が少しでも減ればいいなと思い、書いていく次第です。

前提として。

創作活動は積み重ねが大事で、今ヒットしている方々も、その多くは数年前から活動されている方です。

確かに新人でも爆発的な人気を生み出した方はいますが、そういった方は運があったというだけで、基本的には継続が一番自分の力になります。

もっとも、創作活動に限った話でもないんですが……。

 

人間関係のリセットは、その積み重ねの一部を崩す行為なんですね。

今まで自分の作品を見てくれていた人たちがいなくなりますし、築いてきた人脈を失うことになります。よほど有名でなければ(あるいは相応の実力がなければ)同じ人だと見つけられることもありません。

加えて、自分の活動にかけてきた時間を証明する手段がなくなってしまいます。

技術は持ち越せますが、人の繋がりと時間は持ち越せません。

精神的には安定するかもしれませんが、創作活動をする上では「人間関係リセット癖」が不利益をもたらしてしまいます。

 

創作活動は見てくれる人ができるまで続けるのが寛容。

もしも人間関係が嫌になってしまったり、創作活動自体が嫌になってしまったら、成功した人の本を読んだり、ネットに転がっているインタビュー記事を読んで気分を高めるといいでしょう。