厨学生日記

サブカルと創作、そして黒歴史、厨二病

キズナアイ面接動画を投稿しました

プラマイのYouTubeチャンネルに「演技力キズナアイ面接に挑戦してみた!」を投稿しました。

バーチャルYouTuberのキズナアイさんが制作した『キズナアイ面接』に、2人が挑戦しました。

キズナアイさんの元の動画はこちら↓

【演技力じゃがりこ面接】まさかの新作!? キズナアイ面接! - YouTube

 

少し前にnanaやYouTubeで『じゃがりこ面接』が流行りましたね。

↓こちら

【Part.1】演技力じゃがりこ面接 / 林檎 × 貴方のお名前 | nana

これを元に、爆発的な人気を誇るバーチャルYouTuberのキズナアイさんが新しく作ったんですね。

 

この企画を持ってきたのは、にとうさんでした。

僕とにとうさんが打ち合わせをする際に、共通認識しているYouTuberであるキズナアイさんを例に挙げながら会話を進めることも多いのですが、まさかまさか、こんな形で(一方的に)関われるとは。

 

ここからは本編のネタバレを含むから、ちゃんと動画を見てから読んでくれよな。

 

 

 

 

 

 

 

肝心の本編ですが、アドリブって難しいですね。

にとうさんは特に混乱していた様子でした。瞬発力をつけるのも課題なのかな?

僕の場合、感情の変化に乏しい点がまざまざと表れました。『演技力』を試すのですから、素ではないはずなのですが……まだまだ修行が足らないです、はい。

ちなみに「死にたくなる」と呟いているのは、お互いSkype越しに挑戦しているからです。相手からすれば、自分が何も言っていないのに意気揚々と「キズナアイ」と連呼されるわけですから。なんか、ねえ……。

 

とまあ、反省点は様々ありましたが、『キズナアイ面接』をとても楽しくやらせていただきました。元ネタである『じゃがりこ面接』も個人的に挑戦してみたいと思います。

 

ところで、今回の編集を担当したのは、にとうさんなんです。彼女が作ると画面に動きがあって良いですね。お互い隔週、つまり1週1週交代で作っているんですが、僕の動画は細かい気配りが少ないんでねーかと反省しきりです。

え? 全部にとうさんの編集がいい?

僕もそう思ったんですが、Noを突き付けられてしまいました。チッ。

 

ということで、「演技力キズナアイ面接に挑戦してみた!」の裏話でした。

次回もまた見てくれよな。

チャンネル登録もしてくれよな。

ぽちっと

 

 

 

 

 

付録。

いい加減にとうさんやぷらまいについて書かないとなー。

新生活と野球中継で時間がとられること、とられること。