厨学生日記

サブカルと創作、そして黒歴史、厨二病

ギャル語検定動画を投稿しました

プラマイのYouTubeチャンネルに「最近の若者言葉検定! 君はわかるかな?」を投稿しました。

僕も大して年齢を重ねているわけではないのですが、昔から同世代とのギャップがありまして、流行りものに乗れません。

当時から、学生の使う言葉には慣れず、どちらかというと「若いのに敬語がしっかりできるね」と言われるタイプの人間でした。

 

「最近の若者は言葉が乱れている」と言われますが、言葉なんぞ昔から変容してきたもので、新しい表現だと思えばそれほど気にはなりません。ただ、やはり言葉ですから、意味が通じないと困ってしまいます。

 

言葉といえば、ブログやTwitterなどの文章を載せる場面では、できるだけ誤字・脱字・文法の間違いがないように努めているつもりです。せいぜい「思う"ん"ですが」みたいなレベルに留めています。……遊ぶときは遊ぶけどな!

しかし、話している時にはなかなかうまくいきません。間違えること間違えること。伝わるからいいのですが、このように動画へ起こしていると困ることが多々あります。

字幕を修正するかどうか、視聴者に意味が伝わるかどうか……こういったことを考えなければならないのです。

その点、やはりテレビに出てくるような方は素晴らしいですね。もちろん、そのテレビを作っている方々も素晴らしい。

テレビから離れてYouTubeに流れている人も多いでしょうが、YouTubeに投稿している人はテレビを参考にしているのかもしれません。僕はいくつかの番組を参考にしています。……技術は追いつきませんが。

 

閑話休題。ここから先は動画のネタバレだから、ちゃんと見てから読んでくれよな。

 

 

 

 

 

 

 

 

案の定、ほとんどわかりませんでしたね。

動画では見栄を張っているシーンも何回かありましたが、チンプンカンプンです。

結局、僕がわかるJK語ってーのは、ネット発祥のものだけなのです。

最近だと「なんJ語」や「淫夢語録」もJK界隈で使用されているとか。

 

ちなみに、今回の動画は僕が編集しました。投稿が1時間30分も遅れてしまいました。

いやあ……がんばろ(思考停止)

 

近く、以前に投稿した動画でサムネが作られていないものに関して、新しくサムネを作ろうと思っています。もしよろしければ、そちらも見てください。

そのためにも、是非チャンネル登録してね。

 

 

 

 

付録。

今日はタイピングのノリがいい。適度な眠気があるからだろうか?

「面白く書こう」「どうすればもっと良い文章になるか」などを考えていないからだろうか。

余分なことを考えない方がうまくいくものだけれど……これはもしかしたら、ネットでの創作活動のカテゴリでひとつ題材になるかもしれないな。