厨学生日記

サブカルと創作、そして黒歴史、厨二病

Googleドキュメントの音声入力を使ってブログを書いてみた

以前、音声入力を使って書いたブログを投稿しましたが、あの時はスマホの機能を使って書いたものでした。今度はパソコンでGoogleドキュメントを使って、音声入力でのブログ投稿を行いたいと思います。

これを使えばブログが量産できるのではないかと思ったのですが、大元は確かに話すだけなので楽です。ただ、やはり編集はする必要がありますね。

書き手としては、何より話し言葉と書き言葉の違いが難しいです。また、敬語を使うか使わないか。

文章を書くだけならば成功なのですが、Googleドキュメントは文脈を理解して単語を書いてくれないこともあります。それだけでなく、句読点を自動で打ってくれるわけではないので、後々改行等の手間があるのも一つ難点ではあると思います。

 

それでも手を使わずに済むというのは非常に楽ですね。腱鞘炎にもなりませんし、どれだけの文章量を書いていたとしても疲労感を覚えずに、まだまだ書けると思えるのは非常に助かります。モチベーションの維持に貢献しますね。

多分生放送で喋ってるのと同じような感覚で、喋りたいことがすでに決まっているのであれば、音声入力を使ったブログの執筆もいいのかもしれません。もちろん人によりけりだと思いますけどね。

 

ところで、音声入力といえばスマートフォンで言うと、Siri だったりGoogleだったり、特定の言葉をかければ起動してくれる機能があります。

あれは遊んでいると楽しいんですが、あまり実用的ではないですよね。特に外で使うことができないというのと、まだまだ精度が甘いという点において若干の使いづらさがあります。

どうしても仕方のないことではあるんですが、呼んでいないのに勝手に起動することもあるので。これは仕様上、仕方がないでしょうけどね。だってどうしようもないもの。

 

いよいよ音声入力について話すことはなくなってきたのですが、GW中のブログ執筆作業は、全て音声入力を使って書きたいと思っています。もちろん編集作業はあるのですが、それもまた一つの楽しみです。

何より推敲しやすいですし、「ここは太字にしよう」「大文字にしよう」など、色々と考えに幅が出てくるからです。僕だけかもしれないけど。普通に文章を打っている人は、その段階でできるわけですからね。

 

ここまで書いてみて思ったのですが、囁くような声でも認識してくれますし、多少滑舌が甘くなったとしても、ちゃんと読み取ってくれるので非常に助かります。

もしも文章を書いている方がいらっしゃいましたら、Googleドキュメントの音声入力を使って書いてみてはどうでしょうか。かなり便利ですよ。