厨学生日記

サブカルと創作、そして黒歴史、厨二病

PS Vitaが使い物にならなくなった話

厳密には PS Vita 本体が壊れたのではなくて、メモリーカードの方に問題があったのでは、と疑っています。しかし本体もよく分からない動作をしていたので、こんなタイトルになりました。

さて、何が起きたのか。

 

関係あるか分かりませんが、 PS Vita を起動するまでの経緯から。

PS Vita は、実況動画を作るのに必要な手順が多いのです。不可能とは言わないまでも、そこまでして録るのには時間とお金がかかります。

そこで、PS Vita でプレイしたゲームはブログに感想を書くことにしようと思い、1年ぶりに起動しました。

起動してから思い出したのですが、  PS Vita を使わなくなった理由は動作がおかしくなったからでした。

1年前は諦めたわけですが、 改めてここで向き合うことにしました。

PSやPSPのソフトも遊べる、大好きなハード。

 

ゲームが正常に起動できず、メモリーカードの大半がシステム利用で埋め尽くされ、約50GBに達していたのです。(使用しているメモリーカードの容量は64 GB)

ゲームのアイコンを押して、始めるをタップしても、エラーが発生してプレイできません。

またセーブデータもおかしくなっているようです。

ゲームソフトの更新データも反映することができません。

 

調べてみると、壊れてしまったファイルがシステム利用として残り、圧迫しているようだとわかりました。

仕方がないので、 PS Vita をセーフモードで起動。PS ボタンと電源ボタン、 R ボタンを同時押しして5秒。画面に PS マークが出たら、ボタンを離す。データベースの再構築を行います。

しかし状況は改善されず。メモリーカードのシステム利用量は減りませんでした。それでもここまでは想定の範囲内です。

驚いたのは、今までダウンロードしていたゲームソフトのほぼ全てが消えたことです。より正確に言えば、起動できなくなったゲームソフトのアイコンを表示しないようにしたのでしょうが、それはゲームがデータごと消えるのと大差ありません。

 

ちなみに PSP のソフトのセーブデータは別で管理されているので、消えませんでした。 PS のソフトのセーブデータがどうなるかは、一つも持っていなかったので分かりません。

また、 PS Plus のサービスでデータのバックアップを取っていれば、そこから復元できます。

出荷状態まで戻せば確実なのだろうが……。

 

このままでは使いようがないので、やむを得ずメモリーカードのフォーマットを行うことにしました。

その前に、生き残っているデータのバックアップを取ります。

今回の僕の場合は PSP のソフトのセーブデータだけでしたが、ビデオ、ミュージック、写真など、入っているデータは全て消えてしまうので、コンテンツ管理を利用してメモリーカードからパソコンに移す必要があります。

 

再びセーフモードで起動。メモリーカードのフォーマットを行います。

これでメモリーカードのシステム使用量も減りました。

 

改めて PS Store からゲームソフトのダウンロードをしています。これがまた、随分と長い時間がかかりそうです。

下手すると24時間かかる環境で生きています。

 

ゲームソフトのダウンロードが終わったら、コンテンツ管理から PSP のソフトのセーブデータを戻し、 PS Plus にバックアップしたセーブデータをダウンロードします。これで元通りです。

 

一体何が原因でこうなったのか分かりませんが、ひとまずはこれでよしとします。

万全を期すのであれば、 PS Vita 本体の初期化もしくは修理、買い替えとメモリーカードの買い替えを行うべきでしょう。

 

どうやら PS Vita の後継機はなかなか出そうもないですし、もう少し現役で頑張っていただきたいですね。