厨学生日記

曖昧な哀の毎日

2020年を振り返る

世間的にはコロナと鬼滅の刃な一年であった。元より外に出ない僕にしてみれば、マスクを常備する以外に大きな変化はない。あとはそのマスクを市松模様に染め上げるかどうかであるが、面倒なのでやらなかった。

 

 4月を境に、数年に一度の大きな生活の変化があった。それはコロナと関係ない話で、今も続いている。それに慣れるための1年になった。

ブログは2019年と変わらず低調で、ゲーム実況も2月以降手をつけていない。新しく始めたラジオも、既に気まぐれな更新である。

 

はて。

2020年も「なにもできなかった」と嘆く1年になったのか。今年、新しい繋がりがいくつかできた。逆に薄くなった繋がりもあった。新しい挑戦をして、楽しいと思えることをたくさんして、それでもなにも残せなかったように感じるのはなぜだろう。

劇的な変化をもたらすのは一心不乱の努力であるなら、なにも変わらなかったのはなにも変えなかったからだ。世界が勝手に変わってくれなかったからではない。それでは、僕はなにをするべきだったのか。

 

ここらで少し楽しい話をしよう。

今年は旅に出る機会が多かった。コロナが流行していたけれど、細心の注意を払って出かけていた。今までの自分が行ってない場所を選んで、ある時は1人、ある時は友人や先輩と出かけた。

果たして、インターネットの外では、少なからず人間的にレベルをひとつ上げたと感じている。ともすれば、インターネットの世界から足を洗うタイミングなのかもしれない。肩まで浸かっておいて、足を洗うだけで済むかはわからないけれども。

 

良いお年を。