厨学生日記

サブカルと創作、そして黒歴史、厨二病

アニメ『コードギアス 反逆のルルーシュ Ⅱ 叛道』の感想

言わずと知れた名作アニメ『コードギアス 反逆のルルーシュ』『R2』ですが、劇場版三部作として2017年にリメイクされました。

その第2作目『コードギアス 反逆のルルーシュ Ⅱ 叛道』を視聴したので、感想を述べますよ。

なぜ視聴したのか

こちらに書いてあります。

 

 

 

『復活のルルーシュ』が公開される前には、劇場版三部作を観ることは叶わなかったのですが。どうしてなんでしょうね。

 

ところで、AbemaTVで1日限りの放送だったのですが、翌日からはAmazon Primeで配信していましたね。おかげで何度か観られました。

 

超簡単なあらすじ

ブリタニアを打倒するための力を揃えたルルーシュ。しかし、妹のナナリーを守る役割であるはずのスザクが敵であることを知り、葛藤していた。

アニメでいうと、無印18話から始まります。

コードギアス 反逆のルルーシュII 叛道

劇場ポスターって、とてもワクワクする。

 

感想

以下、ネタバレを含みます。

原作を視聴しているので、劇場版との違いについて触れていくことにしましょう。

今回は新規カットも多いので、とても新鮮でした。

 

スザクが父親を殺したという情報は、ルルーシュの前でマオが発言したところで漏れました。劇場版ではマオが登場しないので、ナリタでC.C.と間接接触したときに見せられたことになっています。

うまく辻褄を合わせましたね。

 

式根島での出来事について、大幅な変更が行われています。確かに尺が長かったから、仕方ないですね。ルルーシュがスザクにギアスをかけて以降、神根島に漂流するエピソードはなくなりました。ユーフェミアも巻き込まれていません。ルルーシュはカレンに救助されました。神根島に流されないので、ガウェインは別の方法で手に入れることになります。アヴァロンのハドロン砲については、アーニャが動員されていました。

元々、あの漂流もやや強引な展開だったので、まだこっちの方が不自然でないと思います。その後の展開にも、そこそこうまく繋げていますね。

 

ただし、ユーフェミアがゼロの正体を知るタイミングはズレています。

文化祭でナナリーと再会し、兄妹が生きていると初めて知ります。ルルーシュを疑うのもこの時。

違和感を覚えたのは、ナナリーのために「行政特区・ニッポン」の設立に踏み切ったと言いますが、シュナイゼルから認可を得たのは、ナナリーと再会する前です。好意的に解釈するなら、文化祭の場で宣言するのを決めた原因がナナリーだったということでしょうが……。元々はスザクのためだったのでしょうね。

この辺は動機の解釈が変わってくるので、僕は原作の方が好きですね。

 

V.V.の声優さんが変更。……とはいえ、違和感なし。

めっちゃ似てる!

 

『R2』の前半部分は大幅なカットが行われました。

ブラックリベリオンは失敗に終わりますが、中華連邦の支援によって、黒の騎士団は救われます。

ルルーシュが記憶を取り戻し、ロロとヴィレッタを手駒にする過程はカットされ、代わりにスザクの視点で描写されました。ナイトオブラウンズとスザクの初対面も挿入。豪華ですね。

 

中華連邦の諸々もカット。星刻や天子の出番も大幅に減りました。これが悲しい。

ちなみに、天子の声優さんも変更に。棒読みでも可愛らしい印象でしたが、打って変わって普通の可愛さに。印象が変わりますね。

 

シャーリーがロロを殺害するエピソードも変更。シャーリーは生存します。

劇場版ではルルーシュがシャーリーにギアスをかけることもなくなりましたから、ジェレミアのギアスキャンセラーで解除されるのは、シャルルのギアスのみになります。

ジェレミアから忠告を受けるシーンがかなり好き。ジェレミア、やっぱり良いキャラクターですね。

 

全体的な感想。

変更された箇所が大きく、あっさりとした印象。ただ、三部作の中ではかなり重要な場面の連続ですから、初見の人には見応えがあるかもしれません。

少し駆け足過ぎて、理解が追いつかない人もいるのでは?

『興道』より頭を使わないといけないですし、アニメの知識があるのを前提にしているのかな? うーん、わからない。

ともあれ、三部作のトリを務める『皇道』も楽しみにしています。