厨学生日記

曖昧な哀の毎日

Kindle UnlimitedとAmazon Music Unlimitedを解約したので感想を述べる

Amazon Primeを利用している人はいないのではないだろうか。

そう思わせるくらい、今の生活にAmazonの占める割合は大きい。

Amazonの数ある有料サービスのうち、Kindle UnlimitedとAmazon Music Unlimitedを契約した人はどれほどいるのだろうか。

 

表題の通り、僕はそれらを解約した。

Amazonのサービスを貶める気は一切ない。ここから始まるのは、僕に合わなかっただけというだけの話だ。

 

Kindle Unlimited

Kindle Unlimitedは読み放題の本が圧倒的に増える。Prime readingでは満足できないのなら、是非入るべきだ。

1ヵ月に1冊の本を買うと思えば、月額980円は大した金額じゃない。本を読む習慣のある人にオススメできる。電子書籍なので、通勤用のカバンを圧迫することもない。

 

僕は99円で3ヵ月のお試しができるキャンペーンで入った。

漫画、ビジネス書、雑誌などを読んだ。

僕は本を読むのが好きだけれど、棚に並んでいる中から気になる本を片っ端から読むタイプではない。加えて、隙間時間はどうしてもSNSやニュースサイトを読んでしまうし、そもそも時間を割く気があまりなかった。

しいてあげれば、風呂の時間は本を読む時間にしても良いと思っている。だから防水端末のKindle Paperwhiteは本気で購入を考えた。

Kindle Paperwhite 防水機能搭載 wifi 32GB ブラック 電子書籍リーダー + Kindle Unlimited(3ヵ月分。以降自動更新)

 

Amazon Music Unlimited

Amazon Music Unlimitedも聞き放題の曲が増える。Prime Musicよりも本当に増える。ニッチ(失礼)な曲ばかりを聴く僕でさえ、その量は大満足している。

月額780円は、3ヵ月でアルバム1枚を買うようなものか。年額だと7800円なので、まあアルバム2枚を買うと思えば、そんなものだろう。

流行りの曲を聴く人や幅広く楽しみたい人はストリーミングを好むだろうし、最近はサブスクリプションを解禁するアーティストも多い。毎回Twitterで話題になるくらいには。

 

購入履歴を遡ったが、どのタイミングで入ったか不明。僕のことだから、無料に近い形で入ってみたのだと思う。

あったらいいけど、なくてもいいや。そんな感じだった。

PV付きで音楽を聴けるのが当たり前になった時代で、没頭したいならそちらを聴く。好きな曲を繰り返し聴く癖があるので、アルバムを借りてきてスマホに常備しておけば事足りてしまう。

なにより音楽を聞かなくなった。防水のワイヤレスイヤホンを壊してから、風呂場で耳をふさいでしまうことがなくなり、なにもない中で考える時間が増えた。それが記憶の整理がついて心地よいので、暇があればなにかを聴く習慣がなくなってしまった。

 

まとめ

サービス自体は大変素晴らしい。

払うお金を自分にとっての価値観で量ると、良いサービスだからといってどんどんお金を費やすこともない。とてもいい経験になった。

重ねて言うが、本好きや音楽好きには非常にオススメできるので、もし試したことがなければキャンペーン期間にでも登録してはいかがだろうか。