厨学生日記

サブカルと創作、そして黒歴史、厨二病

YouTubeに投稿する動画のオープニングはどうするべきか

動画投稿者が抱きがちなオープニングに対する悩み。

構成をどうするか。

全ての動画に毎回差し込むムービーをどうするか。

 

結論を先に書くと、

①0秒から10秒まではムービーを入れずに、見所を抽出する。

②ムービーは、シンプルでわかりやすく、5秒以内でまとめる。

 

この記事は、どのような思考の変遷で結論に至ったのか、経緯を含めて書き残すために作った。

上述の結論の補足が知りたい方も、目次から飛んでいただければ結構だ。

 

 

事の経緯

僕は、友人のにとうさんとYouTubeチャンネルを持っている。僕たち、あるいは他の友達で遊んだ記録を残すために作られた。

ここ半年は、視聴者にも楽しんでもらいたいと試行錯誤を繰り返している。

 

その中で、アイコンやオープニング、エンディングなどをしっかりと作り直す運びとなった。

今までは既存の素材を簡単に並べて、それでアイコンやオープニングムービーとしていた。構想時間こそ長かったものの、作成時間は非常に短かった。もうちょっと凝りたかったが、技術がなかった。

アイコンやエンディング、その他については、また個別に記事を作るから、そちらで話そう。

 

これまでのオープニングムービー(マイクにプラマイの文字が出てくる Ver.1 と数直線上を歩いてぶつかる Ver.2)は、ほとんど独断で僕が作っていた。

今回は、僕が大まかな構成を考えて、にとうさんが作り、僕が細部を詰めるつもりだ。ここ最近のプラマイでの作り方である。

 

と、こういった経緯で、改めて投稿動画のオープニングについて考えるに至った。

 

動画の最初を考える

魅力的なタイトルで引き込まなければならないのはともかく、最初の数秒でブラウザバックするかどうかを判断される。初見の場合はなおさらだ。

その数秒間に、どうにか視聴者を繋ぎとめられる何かを仕込まなければならない。要は掴みが肝心。

であれば、貴重な時間を毎回流すオープニングムービーに費やすのは馬鹿げている。

 

視聴者を離さないために、どのような冒頭を用意するのか。

一番面白い場面を抜粋するのか、動画の結論だけ紹介するのか、それとも興味をそそる文句でも宣うのか、疑問を提示してみるのか……。

自分に合った方法は、試行錯誤して見つけるしかないだろう。

いずれにしても、「冒頭(数秒)⇒ムービー(画面の切替)」のイメージは持っておきたい。

 

オープニングムービーの長さと内容

テレビで見かけるオープニングムービーをイメージしてみよう。

アニメだったら、だいたいの作品が90秒。これはクレジットを載せたり、キャラクターや世界観を魅せたりするための時間だ。YouTubeに投稿される動画のオープニングムービーとは別物である。

ドラマやバラエティ番組はどうか。長くて30秒ほど。これは参考になりそうなので、「パターン①」とする。

 

「パターン②」は、CMのロゴが出る一瞬を想像してほしい。

例えば、最後にヒヨコが飛んでくる『エステー』、気持ちのいい「カチッ」の音から始まる『任天堂 Switch』、誰でも聞いたことがあるだろうメロディー『味の素』など。

2、3秒なのに、どこのCMなのかわかる。これは動画にも活かせそうだ。

 

これも最初に言っておくが、オススメはパターン②。

 

パターン① テレビ番組風 10~30秒

まず大前提から。

視聴者はオープニングムービーを見に来ているわけではない。

 

テレビ番組とあなたが投稿する動画の大きな違いは、知名度である。

一、芸能人が出てくるムービーには、それだけで価値がある。YouTubeでも大手なら価値が出てくるだろう。

二、テレビ番組にはどうしても提供が入る。『キューピー3分クッキング』が放送時間10分の中で30秒も時間を使う理由がこれだ。

 

あなたがもし高い編集技術を持っているなら、10秒から30秒の間で、シンプルで魅力的なオープニングムービーを作るといいだろう。

ある程度の人気を得られたなら、ファン向けの動画に限って使うのは大いにアリだ。

 

パターン② CM風 2~5秒

前の項目で述べたが、オープニングムービーは冒頭と本編の繋ぎ(場面切り替え)の役割を果たす。

冒頭で興味を持ってもらえたなら、できるだけ早く本編を見てもらおう。

 

最低限、ロゴやアイコンであなたの動画だとわかってもらえればいい。

できるだけシンプルに、わかりやすく作ろう。

ただし、静止画ではなく動画で、無音ではなくSEか声を入れて。

 

まとめ

結論を改めて。

①0秒から10秒まではムービーを入れずに、見所を抽出する。

②ムービーは、シンプルでわかりやすく、5秒以内でまとめる。

 

実りのある動画投稿活動を過ごす一助になれば幸いだ。