厨学生日記

曖昧な哀の毎日

初めてのタブレットにFire HD 8を買った

スマホ以外に持ち運べる端末が欲しかったので、タブレットを買おうと思い立った。

iPadの新製品が出てくると見込んでいたけれど、まだ発表もされていないのに待ち続けるのは厳しかった。

ちょうどそんなときに、AmazonのFireシリーズがセールをしていた。かなりお買い得だったので、初めてのタブレットは少し安めにしようと、Fire HD 8(第10世代)を購入した。

 

 

 

コスパのいい買い物をしたと思える一品

定価9980円のところ、6980円で購入。

1000円のタブレットカバー(スタンド用)を購入したので、約8000円の出費。

 

【Newモデル】Fire HD 8 タブレット ブラック (8インチHDディスプレイ) 32GB

【Newモデル】Fire HD 8 タブレット ブラック (8インチHDディスプレイ) 32GB

  • 発売日: 2020/06/03
  • メディア: エレクトロニクス
 

 

タブレットの中では非常に安い値段、それで動画視聴に不自由ないレベルなのは凄い。画質はHD解像度なのでお察し。このサイズの中では、音質はいいほうだと思う。一応ステレオだし。

動作は速いとまで言えない。メモリの不足は否めないけれど、アプリクラッシュまではしないので、ヨシ!

グレーな操作をしない限り、Google Playを使えない。Amazonのストアに登録されているアプリしか使えないので、僕の愛してやまないニコニコ動画はブラウザを介して見ている。

それでも、今のところ「できない」はないので、買ってよかった。

 

広告で稼ぐタイプの端末なのかと思ったら、設定でオフにできた。結局、他の製品に繋げていくために価格を抑えているんだろうな。

 

僕の生活の中で何が変わったか

僕は動画を流しながら作業をする機会が多い。

PCやスマホはその作業に使うし、スマホを立たせられない僕は、PCから離れると落ち着いて動画を見られなかった。

けれど、動画専門で動かせるタブレットのおかげで、動画を見ながらスマホを弄れる。……引きこもりレベルが上がった気がするけど、助かる。

 

もちろん、電子書籍を読むのにも使える。動作もっさりが鬱陶しくはあるし、端末の重量を考えると、完璧ではないけれど。

もしも電子書籍を本格的に読みたいのなら、Kindle端末を買えばいい。僕はまだそこまで求めていないから、これで満足。

とにかく、今まではスマホの狭い画面に目を近づけながら読んでいて、単語を調べるたびにKindleアプリからブラウザに移行していたので、それがなくなっただけで充分。

 

Alexaやスマート家電も対応しているらしいが、僕には関係のない話。

 

新型のiPadが出たら買うのか

ひとまず、タブレットに対する欲求は収まった。

 

iPadを買いたかった理由は、先述した内容に加えて、絵を直感的に描きたかったからだ。Apple Pencilを購入するつもりでいた。

絵を描くという目的に関しては、Fire HD 8では達成できなかった。絵を描くのに向いていないのは一目瞭然だし、タブレット用のペンについても、満足する商品がなかった。高いペンならいいのかもしれないが、タブレットそのものの値段が安いので、そこまでする気にもならず。

急ぎでもないので、その点は後回しでいい。

 

もし、Fire HD 8が壊れたら、iPad購入を再度検討するだろう。

値段の違いから役割も変わってくるし、必要であればやはりiPadも買うのだと思う。

 

それでも。

いやー、Fire HD 8を買ってよかった!