厨学生日記

サブカルと創作、そして黒歴史、厨二病

NEOGEO mini は買うべきなのか?

みんな大好き SNK の人気ハード『NEOGEO』の名作が多数収録された『NEOGEO mini』。

ついに、発売予定日と気になる値段の発表、Amazon と SNK オンラインでの予約が開始されました。

発売予定日と価格

発売予定日は7月24日。価格は税込12,420円。

 

発売は、かなり早いですね。てっきり9月くらいになるかと……。

 

僕個人の予想よりは少し高かったです。10,000円を切ると思っていました。これは当時を知らない者の感想です。

しかし、ゲーマーの方々は思っていたよりも安い印象のようですね。

確かに本家 NEOGEO のことを思えば安いですし、ここまで SNK による復刻がなかったのもあり、当時プレイしていた人達は積極的に買うべき価格と言えるでしょう。

 

試算してみました。

NEOGEO mini に収録されるソフト40本(後述)と NEOGEO 本体の値段に、当時の消費税率5%をかけると、なんとお値段、約124万円。

あれ、99%OFF? 怪しい広告みたいですね。

当時の本体だけで、NEOGEO mini が4つ買える。

 

ちなみに、PS 4のダウンロード専用ゲーム『アケアカ NEOGEO』 では1作品税込823円ですから、仮に40作品分集めると32,920円になります。

今までの公式による復刻ハードとして、任天堂のファミコンミニとスーパーファミコンミニがあります。参考までに、ファミコンミニは30本のソフトで税込6,458円、スーパーファミコンミニは21本のソフトで税込8,618円です。(ともに希望小売価格)

これを見れば、NEOGEO mini の値段設定も妥当ではないでしょうか。

 

ただ、筐体型ではなく、NEOGEO 本体の形であればもっと安くなったのではないかと思います。ロマンはありますが、液晶を搭載するというのはコストがかかるものです。

また、コントローラーが完全に別売りという強気な姿勢。

確かに NEOGEO mini 本体だけでプレイできるようミニアーケードコントローラーや小さな液晶がついてはいるものの、継続してストレスのないプレイをするには、映像の外部出力やコントローラーでのプレイが必要になってきます。特に二人対戦するにはコントローラーが一つ必要ですから、付属品として一つあれば嬉しかったです。

ボタンひとつは、スマホのホームボタンほどの大きさ。

 

収録タイトル

改めて、収録されるタイトルを見てみましょう。

 

1.ザ・キング・オブ・ファイターズ '94

2.ザ・キング・オブ・ファイターズ '95

3.ザ・キング・オブ・ファイターズ '96

4.ザ・キング・オブ・ファイターズ '97

5.ザ・キング・オブ・ファイターズ '98

6.ザ・キング・オブ・ファイターズ '99

7.ザ・キング・オブ・ファイターズ 2000

8.ザ・キング・オブ・ファイターズ 2001

9.ザ・キング・オブ・ファイターズ 2002

10.ザ・キング・オブ・ファイターズ 2003

11.真サムライスピリッツ 覇王丸地獄変

12.サムライスピリッツ 天草降臨

13.サムライスピリッツ零SPECIAL

14.餓狼伝説SPECIAL

15.リアルバウト餓狼伝説

16.リアルバウト餓狼伝説2 THE NEWCOMERS

17.餓狼 MARK OF THE WOLVES

18.ワールドヒーローズパーフェクト

19.風雲スーパータッグバトル

20.龍虎の拳

21.幕末浪漫 月華の剣士

22.幕末浪漫第二幕 月華の剣士 ~月に咲く華、散りゆく花~

23.NINJA MASTER'S~覇王忍法帖~

24.痛快GANGAN行進曲

25.キング・オブ・ザ・モンスターズ2

26.サイバーリップ

27.ショックトルーパーズ セカンドスカッド

28.トップハンター ~ロディー&キャシー~

29.ニンジャコマンドー

30.バーニングファイト

31.メタルスラッグ

32.メタルスラッグ 2

33.メタルスラッグ 3

34.戦国伝承2001

35.ASO II −ラストガーディアン−

36.ティンクルスタースプライツ

37.ブレイジングスター

38.トッププレイヤーズゴルフ

39.得点王

40.ジョイジョイキッド

 

おなじみの KOF やサムライスピリッツ、餓狼伝説、月華の剣士、メタルスラッグが多数収録。

僕としては、GANGAN行進曲や龍虎の拳、キング・オブ・ザ・モンスターズ2が入っているのが魅力的です。

この名立たる40タイトルであれば、12,420円を払う価値があるでしょう。

 

まとめ

結論として、当時の思い出がある人は、迷わず買って良いと思います。

ただ、当時のゲームに興味があるだけの人は躊躇するかもしれません。まして、アーケード関連が多いために、収録されているゲームはアクション、格闘ゲームが多いですから。

また、学生が簡単に手を出せるものでもないような気がします。あくまで、当時のプレイヤーに向けてリリースする意図が見えます。

 

商品の供給量が分かりませんし、再販されるかも分かりませんから、僕はとりあえず予約しておこうと思います。