厨学生日記

サブカルと創作、そして黒歴史、厨二病

ADSLに当時の思い出を乗せて

NTT東西がADSLのサービスを2023年に終了すると発表しました。

私の家は既に光にしましたが、子供の頃は特にADSLにお世話になっておりましたので、なかなか寂しいものです。

懐かしきiMac

Power Macintosh 8500からiMac G3になったあとから、私のネット人生が始まりました。

当時、so-netで検索をかけたり、ポストペットを見守ったりしていましたね。

iMac G3のフォルムがかなり気に入っていて、今でも実家に残っています。

今はフロッピーディスクもマウスボールも知らない人がネットをやっているのだろうと思うと、時間の流れを感じます。

ましてや携帯端末ですからね。

 

光へ移行したときのこと

無線LANに切り替える際に、ADSLから光に切り替えました。

有線でなく無線であることと、PC以外にも様々な端末をインターネットに接続できる喜びがありましたね。

それでもやっぱり、子供の頃からADSLのお世話になっていたものですから、有線用のケーブルをその思い出として保存しています。

どうしても私は、当時のインターネットが好きだったんですね。今は確かに便利なんですが、それだけ危険も増えました。人と人が結びつく機会も増えました。これは本当に、良くも悪くも。

 

子供の頃に仲良くなった人たちは、ADSLを通して仲良くなりました。まさに導線でした。

ひとつの時代がまた終わりを迎えることになります。

ありがとう、ADSL。

…………2023年か、結構遠いですね。