厨学生日記

サブカルと創作、そして黒歴史、厨二病

11/1のスマブラダイレクトの感想 『灯火の星』の考察付き

『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL Direct 2018.11.1』の感想を。

事前のスマブラダイレクトは、これで最後との話でした。それにふさわしい内容が盛りだくさんでしたね。

ネタバレを多分に含みますので、もしもまだ視聴していない方は、是非ともご自分の目で確かめてください。

 

ケン参戦!

リュウのダッシュファイターとして、ケンが参戦。

元々、ストリートファイターではリュウの2Pとして登場していたので、わかりやすい登場と言えるでしょう。

『for』でリュウを使用していたプレイヤーは、どれくらいケンに流れるのだろうか?

 

ストリートファイターから、という意味では、ダッシュキャラクター以外で出してほしい気持ちもありました。春麗とか。

しかし、最初から作るとなれば、その作業量も増えますからね。仕方がないですね。

 

なんにしても、ケンが参戦しました! それを大いに喜びます。

 

ガオガエン参戦!

新ポケモンが今回も参戦。サン・ムーンの御三家、ニャビーの最終進化形です。

サン・ムーンをプレイしていない僕からすると、あまりピンときません。

調べてみると、タイプは「ほのお・あく」。かくとうチックな見た目の印象とは異なりますが……。

 

スマブラではプロレス技を使用。ボクシンググローブを付けたキャラは多いですが、プロレスキャラは初めてですね。

基本は投げキャラのようなので、1 on 1で真価を発揮するかな?

注目したのは、下必殺技「リベンジ」。カウンターの一種ですが、その場で反撃するに留まらず、次の一撃の威力を上げます。これは飛び道具に対しても使えるので、他のカウンターと差別化されていますね。

 

余談ですが、参戦ムービーでの鳴き声の担当は、先日亡くなった石塚運昇さん。

ポケモンのアニメではオーキド博士とナレーションの声をメインに務め、子供の頃から親しみを持って聞いておりました。

亡くなったと聞いたとき、もう二度と聞けないんだと涙を流しましたが、こんな形でまた聞けるとは……。

ご冥福をお祈りいたします。

 

フィギュア廃止! 新たに登場するのは「スピリッツ」!

以前まではコレクション要素だったフィギュア。これが廃止されました。

参戦シリーズが増えるたびに、フォローしなければならないフィギュアが増える。作業量が凄まじいことになってしまいますから、英断だと思います。

 

前作『for』で取り入れられたバッジシステムの応用とでも言いましょうか。

フィギュアだった各キャラクターは『スピリッツ』として登場が決定。

スピリットを付けたファイターは、そのキャラクターを想起させるような能力を持って大乱闘に挑みます。

 

細かい仕様の説明は、動画を参照してもらうとして。

 

今までのアイデアを足して生まれた、良いシステムだと思います。

前作のバッジ(カスタマイズ)は、イマイチ遊びの幅が狭かったので。もっとも、必殺技を変えられたのは面白かったけれど。

 

Mii ファイターが意外と良さげ

今作でも、戦闘タイプと必殺技、コスチュームが選べます。

おまけに、声まで選べるようになりました。『for』は使っていても声がないから寂しかったんですよね……。

インターネット対戦で使えるかどうかについては続報がないままですが、期待していますよ!

 

コスチュームがバラエティ豊か。キャラクターを再現する服装がたくさんあります。どれくらいあるのかな?

動画では、ゼノブレイド2のレックスコスチュームが登場していましたね。あれを見て、レックスの参戦はないと思った方々もいるようですが、僕はそう思いませんよ!

というのも……下に続きます。

 

ダウンロードコンテンツ、制作決定!

さすがですわ。

1ファイター、1フィールド、複数の音楽がセットになって、DLC が配信されます!

「ダッシュキャラクターではない」と桜井氏が明言されていますから、とても楽しみですね!

 

ちなみに、1セット602円(税別)。安いもんだ。

さらにさらに、「ファイターパス」なるお得セットが登場。5ファイター、5フィールド、音楽がセットで2500円(税別)。

ファイターパスは中身が明かされないままの販売ですが、どうせ全部買うので問題ありません。ありがとう桜井さん。終わったら充分休んでください。

 

先述のレックスコスチュームは、ファイターパスの特典として用意されました。

勝手な予想ですが、レックス本人も3~5人目で参戦しそうな気がします。桜井氏も「参戦には間に合わなかったが、レックス気分は楽しめる」と仰っていますし、大いにあり得る……。

 

早期購入特典として、パックンフラワー参戦!

初めて見たとき「は?」と言った後に大爆笑してしまいました。

まさかまさかの、マリオシリーズのザコ敵から堂々初参戦。

 

しかし、このチョイスは素晴らしいですね。

他社作品はもちろん、今までに参戦していない作品からも出し辛い。

喉から手が出るほど欲しいキャラクターというわけでもなく、かと言って目立たないわけでもない。むしろ話題性としては抜群でした。

 

一応 DLC として、販売もされるようです。よかったよかった。

発売には間に合わないようですが、ひとまずファイターパスの第一段までは繋げそうですね。

 

灯火の星

さあ、これについて話さなくてはならないでしょう。

メインメニューにある「スピリッツ」では、アドベンチャーモードがあります。

そのタイトルが『灯火の星』のようです。

 

今回、旧作『X』でのストーリーモード『亜空の使者』のようなものではないと言われております。

しかし、スピリッツが生まれるまでに至った事件が、こちらの PV に描かれました。

 

 

光の使者・キーラによる攻撃で、歴戦のファイターが次々と消えていきます。

シュルクのビジョン<未来視>に始まり、リンクが体を張って初撃を防ぎ……各々が相殺・反射・回避・逃亡を試みるも、キーラを前に為す術がありません。

ただ生き残ったのは、カービィだけでした。

 

この PV にはいろいろと見どころがありまして、順を追っていきます。

 

大量のマスターハンド

マスターハンドたちのエネルギーを吸収して、キーラが攻撃を仕掛けてくるのですが、そもそもなぜ大量のマスターハンドがいるのか。

マスターハンドはある程度特別な存在ですから、人為的に増えていると思われます。

キーラが創造主である可能性もありますが、後述の複製能力だと僕は予想します。クレイジーハンドがいない点も、マスターハンドからしか複製できていないからではないでしょうか。

オリジナルも『X』ではタブーに操られていましたし、今回は捕まっているんじゃないですかね。ヒロインかな?

 

各作品のキャラクターがボイス付きで共演

ありそうでなかった。

参戦 PV で掛け声などが入ることはありましたが、共通の敵を相手に掛け合いをしたのは初めてのはずです。

 

振り返るシュルクを見つめるカービィ

よく見られた意見は「シュルクがカービィに視線を送って、未来を託した」という趣旨のものですね。

僕は「カービィが必死に振り返ったシュルクを見て、察した」と解釈しています。シュルクがはっきりカービィを見ているかはわかりませんし、視点としては高さ的にカービィでしょうからね。

いずれにしても、シュルクがこちらを振り向かなければ、咄嗟の逃亡はできなかったかもしれませんね。

 

リンクがカービィを庇った?

これもよく見られた意見。「立ち位置的にカービィの前にいるので、リンクがカービィを庇っているんだ」とのこと。

シーンごとに隊列がバラバラなので、確かなことはわかりません。それでも、どのシーンでもカービィより前にいますね。

リンクが意識して庇ったかは定かじゃありませんが、彼が初撃を弾かなければ、その分の攻撃が他に移ったことでしょう。

ゼルダやミュウツー、パルテナが反射できなかった攻撃を防げたのは、さすがですね。

 

ピカチュウに手を差し出すソニック

マッハに近い速度で走れるソニック(スーパーソニックなら超光速)ですが、後ろを走るピカチュウを助けようとして攻撃を受けてしまいます。

手を差し出した先のピカチュウが消えるのを悲しむ間もなく、ソニックも光の中に消えてしまいました。

同じネズミだからかはわかりませんが、とにかく仲間想いの男ですね。

 

無敵時間を利用した Wii Fit トレーナー

これはわかりやすく解説されている動画があるので、そちらをご覧ください。

 

 

光線ではなく光弾だったら、生き延びることができたかもしれませんね。

なんにしても、作り込み方がしっかりしている……。

 

ワープスターで本当にワープした

カービィが乗ったワープスター、今までに聞いたことのない苦しげな音を出しながら、突如として搭乗者ごと消えました。

今までのカービィ作品にも、2~3回だけ、そう見えなくもない描写はありましたが……。

時間を超えたのか、空間を超えたのか……その能力は定かではありません。

 

スピリッツの入ったフィギュアたち

ここについては、情報が連続していないので憶測になります。

 

縛られたマリオに、はちみつかオリーブオイルのような液体をかけると、マリオの形をした黒いフィギュアができました。

その中にスピリットが入ると、赤い目を持って動き出します。

今回は、そのフィギュアたちがゲーム中に立ちはだかるようです。

 

液体をかけたのがキーラなのか、それはわかりません。有力なのは速水もこみち説。

しかし、本体とは別に複製を作れる者がいるのは間違いありませんから、マスターハンドも同じような理屈ではないでしょうか。(ただし、彼の場合は本体からしてフィギュアではないので、まったく同じ状況でもない)

 

『亜空の使者』からガレオムが登場

詳細は不明ですが、『亜空の使者』に登場するボスキャラクター「ガレオム」の姿が確認されています。

となると必然、『亜空の使者』の黒幕である「タブー」の関与も疑いたくなりますが、それはもうプレイしないとわかりませんね。

もう根拠も何もありませんが、キーラはタブーソウルにあたる存在なのかもしれません。(「ソウル」の概念はカービィシリーズにあります。気になる方は検索してください)

 

『灯火の星』を逆さに読むと……

アドベンチャーモードのタイトルである『灯火の星』を

星の火灯→星のカヒ→星のカービィ

こじつけっぽいですが、遊び心としてはありそう。何といっても、桜井氏ですから。

狙っていたかどうか、明かされることもないかと思いますが、最初に着眼した方は凄いですね。

 

 

まとめ

発売がより楽しみになりました。

間違いなく買います。周辺機器も合わせて5万円くらい吹っ飛びそうですが、スマブラのためだけに switch も買います。初の任天堂据え置き機購入です。(mini シリーズ除く)

 

個人的にリークは見ないようにしていたのですが、ガオガエンやパックンフラワーは予想外だったようですね。特に後者。

これからも、予想の斜め上を行く大乱闘スマッシュブラザーズを応援していきます!