厨学生日記

サブカルと創作、そして黒歴史、厨二病

最近の男女論争や政治論争、もううんざりだ

理性的な文章ではない。

疲れやストレスが溜まって、どうしようもなくこぼれてしまった愚痴である。

ゆえに、一番いいのは聞き流してもらうことである。同調も反論もない方が、今の僕にとって幸せである。

と言いつつ、自己保身から入ろう。

僕は意外と社会派である……と、自分では思っている。

子供の頃から、同世代の人間よりも、政治や社会問題について考えてきた(はず)。

まったく知識がないわけでもない。

だから、今から話す内容が、ごくごく短期的な結論であると思ってほしい。

コンピュータで言えば、バグを起こしながら出した結論だ。そんなものは、定常で出される結論とかけ離れており、定常では「間違っている」とされる。

これから話すのは、そんなことだ。

 

はっきり言って、疲れた。

どこを見ても、男がどうだ、女がどうだ。育児、電車、性的志向……。

どこを見ても、ネトウヨがどうだ、パヨクがどうだ。税金、外交、不正……。

うんざりだ。

もう考えたくない。

 

偏った人間しかいないのか、この国は。

男女平等を謳う者どもが聞いてあきれる。どちらも、自分たちの主張に都合のいい男女平等を唱える。

右派、左派ともに正義を掲げ、自らの不正については触れない。他者の不正を指摘して、お互いに直すのではなく殴り合うだけ。生産性の欠片もない。皮肉な話ではあるが、確かに、今の政治は一部の国民性を色濃く表しているだろう。

 

少しだけ、僕の主張をしよう。

平等とは、目指されるべきものであっても、決して達成されるものではないと考えている。あまりに途方もない作業量だ。諦めるべきではないが、そればかりに固執してはいけない。それでは他が疎かになってしまう。

ただし、区別と差別の違いははっきりするべきだ。区別は許されるが、差別は許されない。それだけは守らなければならないと思う。

政治的主張は、本来ならばあまり言いたくはない。けれども、僕は基本的にどちらにも偏ってはいけないと考えている。それは視野が狭い。右派と左派、どちらかだけでは(僕の)理想から遠すぎる。

とまあ、これが僕の主張である。

 

そして僕は、良識ある他者の建設的な意見を、それなりに尊重しているつもりだ。

 

だが、もういい。

疲れた。

 

Twitter のせいである。というか、僕の使い方が悪い。

 

僕は、内容問わず極端に偏った意見を述べる Twitter の著名人を、その立場問わずブロックしている。

これは、それについて考えたくないときに、不意に目に入った場合、その意見を直情的に否定してしまうのが嫌だからだ。

何かしらの問題提起が行われた際、誹謗中傷をする者はともかく、ブロックしている人のツイートも見るようにしている。

極論は人を惹きつけるが、同じくらい人を弾く。だからこそ、落ち着いているときに受け入れることを試みたいのだ。

 

だが、最近はトレンドに男女云々、政治云々のツイートが載る。RTだのいいねだので流れてくる。関連のツイートがとにかく伸びる。

吐きそうだ。

わかるか、特に好きでもない濃厚豚骨スープとクソ甘ケーキを同時に口へ押し込まれる気持ちが。

……いや、何を言っているんだろう。

 

「見なきゃいいじゃん」

仰る通り。

だから僕は、ここしばらく Twitter とブログを必要最小限に留めている。一過性の病だと思って、治るまで他に好きなことをしているつもりだ。

ただ、この気持ちは残しておくべきだと思った。散々嫌気がさして、絶望した記録を残しておこうと思った。

 

思考停止だと笑いたければ笑うがいい。

僕は今まで歩いてきた。だが、止まらずに歩き続けるのは不可能だし、やってしまえば死んでしまう。

歩き続ける過程で、少しでも世界が良くなるといいな、なんて思っていた。

もはや他人のことなど知らん。今、僕は僕を大事にする。

 

まだいろいろと書きたかったが、本当に壊れそうだからここまでにしておく。