厨学生日記

サブカルと創作、そして黒歴史、厨二病

お疲れ様でした、闘将星野仙一選手

星野仙一さんがお亡くなりになったとニュースで聞きました。正直突然のことで信じられません。この間までお元気だったのに。

星野さんの選手時代には、僕はまだ生まれていなかったので、もっぱら監督としての記憶ばかりが残っています。

 

偉大なる選手だった、ということはよく聞いていました。

対巨人に闘志を燃やし、投げ続けた選手だったと。

 

彼を最初に認識したのは、中日ドラゴンズの監督としてです。

僕の地元から一番近くに本拠地があるチームだったので、僕の家は中日ファンでした。

物ごころついたときに星野さんが監督を務めていらして、星野監督率いる中日ドラゴンズを応援していました。

 

その後、阪神タイガースの監督を務めるとの話を聞いて、当時プロ野球界の仕組みや事情を理解していなかった僕は「なぜ中日を裏切って阪神に?」と不思議に思ったものです。

持ち前の熱量で阪神を牽引し、優勝した星野仙一監督の嬉しそうな表情を、僕は首を捻りながら見ておりました。

 

北京五輪の監督に就任され、ようやく手放しで応援することができました。

結果は残念なものでしたし、思うところもありましたが、それでもあの瞬間はとても楽しかった。

 

そして楽天ゴールデンイーグルスへ。パ・リーグでは楽天を応援していたので、嬉しかったです。

球団史上初のリーグ優勝と日本一。星野仙一監督はとても輝いていました。

 

そこからは第一線を退き、楽天のアドバイザー、球団取締役副会長として活躍されました。時々メディアに出ては、解説やアドバイスで盛り上がったものです。

最近では、名古屋のCBCラジオ「ドラ魂KING」に出演し、中日に対する熱いゲキを飛ばしておられました。

氏が仰る通り、今の中日には欠けているものがあります。それは星野仙一が選手であったときに持っていたもので、星野仙一が監督であったときに皆と共有していたものです。

熱意。

技術ではなく、誰もが持っている闘志です。

 

好き嫌いが分かれるでしょうし、確かに何かとお騒がせな方でした。プロ野球界の事情にある程度ついていけるようになってから、子供の時のように純粋な応援ができなかったのも事実です。

それでもやっぱり、星野仙一監督は素敵だった。

闘将星野仙一選手は素敵だった。

日本プロ野球を盛り上げてくれて、ありがとうございました。

僕を野球好きにしてくれて、ありがとうございました。

中日、阪神、楽天が活躍することで、彼は天国で笑顔を浮かべるでしょう。

お疲れ様でした。安らかにお休みください。

心よりご冥福をお祈りいたします。