厨学生日記

サブカルと創作、そして黒歴史、厨二病

『BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE』発売前の所見

『BLAZBLUE』が他作品とクロスオーバーすると聞いて、興奮した方も多かったでしょう。

しかし最近の発表で「本編に収録されているのは20キャラ、DLCとしてさらに20キャラ」と告知されました。

これに対する所見を述べたいと思います。割と前向きです。

前提

その前に、『BLAZBLUE』のコラボ(クロスオーバー)に対して、僕は割と後ろ向きだったという話をしたいと思います。これは完全に僕の好みの問題ですので、読み飛ばしてください。

 

●シナリオに無理が出てくる

BLAZBLUEは、ただでさえ設定の後付けによる矛盾が多く、キャラクターの一貫性も今一つ欠けている中で、他の世界観と混ぜ合わせてしまって問題ないのだろうか。

派生作品のナオトを本編に登場させるのも、個人的には強引に感じた。Esはまだわかるけど。

格闘ゲームのシステム上、キャラクターは早々に死んでもらっては困るでしょうし、その結果が焦点の当たりづらいキャラクターの大量生産に繋がったように感じていた。

それなのに、まだBLAZBLUEを中心に増やすのか。

BLAZBLUEはストーリーをウリにしているだけに、ストーリーが面白くなくては(僕にとって)やる意味がないのだ。

 

●他作品に興味がない

食わず嫌いと言えばそれまで。

ただ、これはむしろ指が伸びなかったペルソナシリーズに触れるチャンスかとも思っている。

『UNDER NIGHT IN-BIRTH』も宣伝だけ見ていたので、一応興味はある。『RWBY』はまったく知らなかったが、BLAZBLUEを除く三作品の中では一番好きなキャラデザだ。やはり見た目は重要なのだな。

 

●格闘ゲーム自体が……

本当に僕の好みの問題なのだが、技術を極めるアクション・シューティングゲームよりも、ある程度成長が保障されているRPGやアドベンチャーの方が、僕は好きなのだ。

僕がBLAZBLUEをやっているのは、あくまで『BLAZBLUE』が好きだからなのであって、それが『BLAZBLUE』でなくなるのならやる気もない。

本題

さて、本題。

『BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE』(以下、『BBTAG』)が、本編登場の20キャラに加えて、DLCとして20キャラを出すと発表した件について。

ARC SYSTEM WORKS official web siteより引用

 

それくらいしないと採算が合わないんでしょう。

 

以上です。

……いや、これじゃああまりにもあんまりなので、もう少し付け足します。

 

BBTAGのソフト価格は、パッケージ版が5800円、DL版が5370円と、PS4のソフトとしてはかなり安いです。PC、Switchのソフトとしても、普通の値段だと思います。(各種税別)

で、DLCのキャラクターセット購入が計6種類と、単体で2種類。まとめて購入できるセットもありますが、それにしたってソフトと合わせれば、1万円を優に超えると予想します。

BBCFでのDLCは1キャラ800円でしたから、単純計算で

800円×20キャラ=16000円

もっともセット販売ですから、1セット2000円に1キャラ800円を2キャラ分とすると

2000円×6+800×2=13600円

こう考えると、オールインワンパックは10000円以上ですね!

…………あれ、思っていたより高いぞ?

この上に、システムボイスやカラーのDLCがある可能性が……?

しかも、オールインワンパックは期間限定らしいゾ。

 

あれれ、なんか思っていた方向性と違う。

とはいえ、これ以上高くなる気もしないですが。

 

どうしても関わっている人間が多い以上、支出が増えます。そうなると、当然収入も増やさなければいけません。

「『BBTAG』、こちらのお値段は15000円になります」

買わんわ。

「『BBTAG』、5800円! DLCはあるけど、ある程度好きなキャラを選んで買えるよ!」

まあ……買ってもいいかな?

というように、各作品のライト層を狙った商法ですね。

おそらく、セット販売も作品別になるのではないでしょうか。

 

そして、なんだかんだ言っても全部のキャラをそろえたくなるのだ。そうして皆お金を払うのだ。

まとめ

元々買うかどうか迷っていましたが、多分買うと思います。

BLAZBLUEと冠してはいるものの、そこまでコンボゲーにならなさそうだし。あれだ、ニトロプラスのオールスター格ゲーに似てるんだ。

 

最後にひとつ。

この騒動の中で「BLAZBLUEのキャラばかりじゃないか!」と的外れな批判をしている人に言いたい。

タ イ ト ル を 読 め

『BLAZBLUE』シリーズだから仕方ないね。