厨学生日記

サブカルと創作、そして黒歴史、厨二病

クレッシェンドしていくniconicoを楽しみにしている

ついに niconico のバージョンが変わりました。

最初の公表から約1年と2ヶ月、当初のリリース予定から約9ヶ月、件の発表会から7ヶ月が経って、ようやく「niconico(く)」スタートです。

動画トップページと生放送トップページのリニューアル

使いづらいという意見が散見されますが、それは当たり前。前バージョンに慣れているせいで、そう感じるのです。一から使い始める人に使いやすければ、慣れさえすれば既存のユーザーにも使いやすいものであると言えるでしょう。

画像の大きさを指摘する意見もありますが、各動画サービスを見ると、画像の大きさがどれだけ大事かがわかります。

ひとまずは様子見。これが完成状態であるとも思いませんので、新しいトップページにしばらく触れ合ってみましょう。きっとさらに改善されます。 その上で、運営に良いところと悪いところを伝えてみてはいかがでしょうか。

画像の数は増えたものの、細かい文字が減ってシンプルに。

 

ニコニコ動画の変更点

スマートフォン Web 版から一般会員の方も動画投稿が可能に

スマートフォンで動画を編集し、 SNS に投稿する時代ですので、これは若者向けの機能かもしれません。

門戸を広げるという意味では、やらないよりやった方がいい改善だと思います。

僕自身は一切使わない機能なので、会員であればスマートフォン Web 版から 動画投稿できたことを知りませんでした。

 

新規投稿動画の画質改善

ビットレートに関わらず解像度を維持した「再エンコードルール」が導入されました。

やっぱり動画の画質は悪いよりも良い方がいいに決まっているのですから、これはかなり嬉しい改善点です。

自分の使っているエンコード環境の設定をいじり直さなければいけないこと以外は……。

 

ニコニコ生放送の変更点

ユーザー生放送のHD(720p)配信枠数制限を撤廃

これが一番重要なところでしょう。

今まで試験的に導入されていたユーザー生放送の HD 画質配信が、全ての番組で利用できるようになりました。

枠限定ゆえに、ゲリラ的にしか使用されていなかった HD 画質での生放送ですが、これで予約でも使えるのです。

特に画質を重要視する生放送主の方々にとっては、喜ばしいことでしょう。

 

注目番組ページの新設

これはまだ使い勝手の良さがわかりません。

トップページの変更と同様に、しばらく使ってみてから是非を判断するとします。

 

ブラウザの表示領域に合わせた生放送プレーヤー表示

身も蓋もない形で言ってしまうとすれば、 YouTube のように、ウィンドウのサイズに合わせて動画部分などの大きさが変わるということですね。

最大で HD サイズですが、それでも十分です。

 

更なる改善へ

・スマートフォンアプリの改善

・ニコニコ動画のカテゴリ及びランキングの見直し

・ニコニコ生放送での投げ銭機能の追加

これらは一部ですが、ずっと注目している点ですので、どのようになるかが楽しみです。

カテゴリ及びランキングについては、はっきり言って今のままでは使いにくいので、できるだけ早い改善を期待しています。

投げ銭機能は、それを追加することでどれほどの収益(運営及びユーザーの両方)が得られるのか、他サービスに出て行ってしまった人たちが戻ってくるのかどうか、その辺りに注目をしたいです。

ユーザーも運営もニコニコできるように……。

 

余談ですが、新体制に変わってからのインタビュー記事で、面白いものがありました。

japan.cnet.com

栗田氏が川上氏や夏野氏に対して、手厳しい意見を言っているのが印象的です。こうした自浄作用が、ドワンゴに残っていたのが本当に嬉しいです。

栗田氏や鈴木氏を中心とした新体制で、「改善」をテーマとしたリニューアルが行われる。だんだんと上がっていくクレッシェンドを、僕らは楽しみにしています。