厨学生日記

サブカルと創作、そして黒歴史、厨二病

【ネタバレなし】映画『祈りの幕が下りる時』を観てきました

知り合いに誘われたので、映画『祈りの幕が下りる時』を観てきました。

2010年の4月に連続ドラマとして放送された、東野圭吾原作の『新参者』シリーズ。

この作品はそのシリーズ完結作として映画になりました。

今までにも1回『麒麟の翼』が映画で製作されていますが、今回は2回目の劇場版になります。

 

僕は連続ドラマ『新参者』を観ていましたが、その後のスペシャルドラマ2回と劇場版1回は観ていなかったので、久しぶりにシリーズに触れることとなりました。

続いている要素は登場人物や舞台のみで、ストーリーは独立しています。よって、今までの作品を観ていなくても充分に楽しめると思います。もちろん、観ていれば細かい仕掛けがわかりますので、シリーズ視聴者は是非とも映画館に足を運んでもらいたいですね。

 

ネタバレにならない程度で感想を述べますと、複雑な人間模様が描かれた「泣ける作品」です。『新参者』シリーズがウリにしている部分が色濃く出ていますね。ミステリー要素も緻密で、そちらの方面には大変満足しました。

感情に訴えかけてくるシーンが多いので、個人的には苦手な部類ですが、それでも非常に面白かったです。

さすがは東野圭吾作品ですね。

 

主人公である加賀恭一郎が鍵であると銘打っている通り、またシリーズ完結作にふさわしい終わり方でした。伏線も綺麗に回収していますし、観てよかったです。