厨学生日記

サブカルと創作、そして黒歴史、厨二病

学生におすすめしたい、安くて書きやすいボールペン

学生にとって、筆記用具の使い心地はとても大切だ。かくいう僕も、使いづらいボールペンを買ってしまった時には、少しばかりの苛立ちをはらみつつ勉強したものである。

とりわけシャープペンシルと消しゴム、ボールペンと蛍光ペンはよく使うぶん、それなりに質の良いものを使いたい。

道具ひとつで、モチベーションや効率というのは大きく変わるものだ。「弘法筆を選ばず」とはいうものの、弘法ほどの腕の持ち主だからどんな筆でも書けるのであって、道具のせいとは言わないまでも、どちらかといえばいいものの方がいいに決まっている。

 

かといって、おすすめのボールペンで検索したところ、1000円以上もする高いボールペンを提示された。そんな高いペンなどいらない。というか買えない。学生に高級感などいらん。ただ勉強しやすければいい。

 

そんなわけで、僕が学生時代に重宝した、書きやすい油性ボールペンを紹介しよう。なんとこちら、お値段たったの一本100円。非常にお安い。

 

それが、これだ。

 

www.zebra.co.jp

 

ZEBRA(ゼブラ)のTapli clip(タプリクリップ)。

個人的には0.5 mm をおすすめする。 黒と赤、青の三色があり、細くはあるがかなり滑らかに線をかける。正直他のボールペンで0.5mm だと、書き方によっては文字がかすれることもあるが、このペンはなりにくい。とにかく書きやすいのだ。

 

ちなみに0.7mm でもいいのなら、軸の色は緑、ピンク、ライトブルー、白から選ぶこともできる。ただしインクの色は全て黒だから注意してほしい。

おしゃれではあるが、性能は変わらない。特にこだわりがないのであれば、やはり0.5mm の方がいいだろう。

まあここら辺は公式サイトを確認した方がいいかもしれない。

 

それともう一つ注意してほしいことがある。タプリクリップには、シャープペンシルもある。 こちらはあまりおすすめできない。使いやすいシャープペンシルに関しては、また別の機会に話すとしよう。

 

経済的で書きやすい、学生にマッチした一本だ。是非とも使ってみてほしい。

 

 

付録、というより完全に自分語りだが、このペンと出会うまでに結構な時間を要した。初めて使った時は感動したものだ。

何よりも自分に合うということが大切。薦めておいてなんだが、たまたま僕にとって使いやすかったというだけで、必ずしもあなたにとってそうだとは限らない。自分にとって一番使いやすい逸品を探してみるというのも、また面白いのではないだろうか。