厨学生日記

曖昧な哀の毎日

「累計10000PVを超えました」という下書きを見つけた

iPhoneに溜まっていく写真だったりメモだったりを処分するついでに、はてなブログに溜まっていた下書きの山にも手を付けた。

埃をかぶったこの文章を消すのは忍びないので、公開する。

 

~ここから~

 

 

人によっては1日で超えられる数なのかもしれませんが、これもひとつの目標だったので、ご報告です。

いつも本当にありがとうございます。

10000PVを超えた日/もう喜ばない

2018年7月27日の夜が深まった頃、10000の数字が回りました。

ここ数日は比較的伸びが良く、8月の上旬の予想を上回っての達成です。

『厨学生日記』を作ってから半年が経過したときに書いた記事(2018年6月4日)では、当時6855だったとのこと。……あれ? 伸び率おかしくない?

半年で7000弱。2か月弱で3000強。約1.3倍のペースだこれ。

「継続は力なり」ですね。

 

ちなみに先日の記事で触れた、1ヵ月1500PVは明日にも達成する見込みです。次は2000が目標になりますね。

投稿記事数100の区切り、累計10000PVの区切りを経て、後は読者数100を目指す(?)ばかりになりました。

 

ただ、もう喜ばないようにします。

感謝こそすれど、諸手を挙げてわっしょいわっしょい喜びながら報告記事を書く……。これを続けていると、次に行けないような気がするのです。

というか、僕は1000PVを達成したときに、こういった記事は書かなかったはずなのです。

 

 

~ここまで~

 

この下書きは2018年の7月28日に書かれている。

記事投稿数は倍になり(頻度自体は低下)、累計PVは20万を大きく超え、読者数100人も達成した。

確かにPVがどうだという記事は出さなくなった。僕のブログの場合、PVの値がどれだけ上がろうが、それを記事にする意味はないからだ。たとえば「アフェリエイトで稼ごう!」みたいなブログなら、公開する意味もあるだろう。でも、僕のブログをどれだけの人が見てくれたかなんて、読者は面白くも感じないだろうし、僕も書いていて楽しくない。

僕自身も誤解をしていたのだけれど、PV自体は気にするし、増えれば嬉しい。増やすための努力もそれなりにする。それ自体は大いに楽しい。

でも、それを記事にして公開するのは、書いていて僕は楽しくないし、読者も望んでないから、やる必要がないよね。こういう結論に至っている。

 

このときの僕はひとつ正しくて、ひとつ間違っている。

正しいのは、読んでくださった方に感謝していること。これからもその精神は持ち続けたい。いつもありがとうございます。

間違っているのは、PVが増えたら大いに喜んでよい。それを書くか書かないかは話が別。

 

じゃあ、また数年後に答え合わせをしよう。